ボンキュート SとPの違い!成分を詳しくチェック!

良質なプエラリアを配合していて、バストアップ効果が実感しやすいボンキュート

同じボンキュートでも、2種類あることが特徴的なサプリメントになっています。

そこで、購入前に理解しておきたい2種類のボンキュート、大切なSとPの違いについてチェックしておきましょう!

SとPの違いは何?

基本的には同じボンキュート、値段や定期コースなどには違いがありません。また、バストアップ成分も共通で、プエラリアと大豆イソフラボンが配合されています。

違いがあるのは、プラスαの成分

ボンキュートSは、バストアップ成分+ダイエット成分

ボンキュートPは、バストアップ成分+美容成分

つまり、痩せたい方はボンキュートSを、美容にこだわりたい方はボンキュートPを選ばないといけません。

バストアップしながら痩せたいのに、ボンキュートPを選んでもバストアップはしても痩せなかったりするわけですね(^_^;)肌はすべすべになるかもしれませんが。

では、SとPの違いである成分を詳しく確認してみましょう。

成分を具体的にチェック!

共通成分

大豆イソフラボン
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるため、乳腺を発達、つまり、バストアップしてくれる作用があります。

プエラリア
プエラリアにもエストロゲンと似た働きをしてくれる、植物性エストロゲンが含まれています。高いバストアップ効果があります。高いバストアップ効果がある反面、過剰摂取には気をつける必要があります。

この2つはSとP、共通の成分です。

ボンキュートSだけの成分

高麗人参
万能薬と言われる高麗人参。脂肪を燃焼させる効果の他にも、アンチエイジング効果もあります。

Lカルニチン
高い脂肪燃焼効果があることで、ダイエットサポートサプリなどでよく見られる成分です。

αリポ酸
ダイエットや健康、アンチエイジングに高い効果があるということで、少し前に話題になりましたね。

コレウスフォルスコリ
酵素を活性化する作用があり、結果的に脂肪の分解につながります。また、代謝をよくしてくれる効果もあり。

メリロートエキス
特に下半身のむくみ、セルライト、水太りを効果的に解消することができる成分です。

キャンドルブッシュ
便秘の解消に効果的なキャンドルブッシュ。ちなみに、サポート的な配合のためお腹を壊す分量ではありません。

サラシア
脂肪や糖の吸収を抑える&脂肪を燃焼させる、2つの点からダイエット効果があります。ちなみに、アンチエイジング効果もありますよ。

ガルシニア
脂肪の合成を防ぐ作用があります。また、血糖値を安定させる作用もあり、空腹感を感じにくくする作用があります。

ギムネマ
脂肪が付くことに直結する、糖の吸収を抑える効果があります。血糖値も上がりにくくなるので、糖尿病が心配な方にもオススメな成分です。

ボンキュートPだけの成分

アスタキサンチン
とても強い抗酸化作用があることが有名です。シミ、シワ、たるみを防ぐ高い美容効果があります。美容以外にも、脳の老化防止、血管の老化防止、コレステロール値の改善、目の病気の予防、自律神経の安定、etc・・・。様々な効果を発揮します。

プラセンタ
こちらも抗酸化作用があるプラセンタ。肌の代謝やターンオーバーを促進し、肌トラブル全般を改善します。

ビタミンC
もはや誰もが知るビタミンCですが、美肌効果だけでなく風邪の予防に疲労回復など、様々な効果があります。

オリーブ葉抽出物
抗酸化作用の他にも、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。実は果実より葉の方が豊富な有効成分が含まれていましす。

レッドプロポリス
普通のプロポリスより高い抗酸化作用、紫外線から肌を保護する効果もあり、シミを防いでくれます。

まとめ

SとPは違いは、プラスαの成分!

ボンキュートSはダイエット効果、ボンキュートPは美容効果。

人気が高いのは、痩せる効果もあるボンキュートSの方です。SとPの違いを理解して、しっかり必要な方を選んでみてはいかがでしょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする